Posts Tagged ‘玄関’

充実した玄関を目指して

金曜日, 4月 14th, 2017

玄関は住まいの顔とも言われる部分であるだけに、美しく、生活感を感じさせない空間を目指したいものです。我が家は住宅の中で特に玄関にこだわりました。家族が毎日行き来をするのはもちろん、家に来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所であるからです。

そこでまず玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用とその隣に収納力のあるシューズクロークを設けて、そこを家族用の玄関として利用しています。シューズクロークの収納力を高めることで、玄関部分に靴箱など余計なものを設置する必要がなくなりました。

そこでメインの玄関部分にはベンチを設けました。靴を脱ぎ履きする際にベンチがあると小さい子どもや高齢者は特に便利さを実感します。ブーツなど靴の脱ぎ履きがしずらい時でもベンチがあることで楽に行えるのです。ベンチの下は収納となっているためここに屋外用の子どものおもちゃや洗車用品などを収納しています。また、靴の脱ぎ履きの際に手すりとして利用できるカウンターを造り付けています。

玄関が殺風景にならないようにカウンターにはお気に入りの雑貨を並べています。このカウンターは、郵便受けとしても利用しています。郵便物を入れるとこのカウンターに郵便物が集まります。外に出らなくても郵便物をチェックすることができるので便利なのです。シューズクロークには靴や傘はもちろん、屋外で使用するものを整理しています。土間収納スペースもあるのでベビーカーや三輪車、ゴルフ用品や子どもの部活用品などもサッと片付けられます。

そして室内へ入るとコートクロークが設けられているので、外出先で着ていた上着を整理できるのです。玄関のものがきちんと整理できることでスッキリと、行き来のしやすさが高まり、ベンチやカウンターを設けることでより便利さを増し充実した空間となっているのです。

二つの玄関

水曜日, 5月 18th, 2016

我が家の玄関はメインのお客様用玄関と家族用の玄関と動線を二つに分けました。動線を分けた理由は、メインのお客様用玄関を常に靴や物が散らからないスッキリとした玄関が広がり、急なお客様にもスムーズに対応できるのです。それだけでなく、家族用玄関にはシューズクロークを兼ねているため、靴や物をここにきちんとしまって、室内へ入ることができるので、靴や物を片付ける習慣が身に付きやすくなるのです。

玄関に靴が並べられている光景を良く見かけると思います。それは靴箱に入りきれないからです。収納力のない靴箱は、玄関の快適性を欠いてしまうのです。シューズクロークには家族の靴を大容量に収納できるようにしました。可動オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で分かります。そして靴の出し入れもしやすいのです。しかし靴箱と違って靴が目に入ることで、きちんと並べて収納することや、靴の臭い対策が必須となります。

そして玄関には外用の子どものおもちゃやスポーツ用品、ゴルフ用品や洗車用品などが置きっぱなしになりがちです。またベビーカーなど普段よく使用するものも、玄関やポーチ部分に置いたままになりがちですが、これらの物が玄関やポーチ部分にあることで、玄関の印象を台無しにしてしまいますし、圧迫感を与えてしまいます。外で使用する物を片づけられるように土間収納スペースを確保しておきましょう。

我が家は玄関スペースよりも、シューズクローク側の収納スペースの方を重視したほどです。アウトドア用品まで収納できるシューズクロークは重宝しています。玄関に物が散らからず常にきれいな空間を維持できるようになりました。シューズクロークから室内へスムーズに入れることで、より使いやすく、物の片付けのしやすさを増しているのです。

Copyright © 2017 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes