Posts Tagged ‘注文住宅’

夏は涼しく、冬暖かい家

土曜日, 3月 9th, 2019

「夏は涼しく、冬暖かい家」ということは、家造りを行う上で誰もが実現したい基本事項ではないでしょうか。

快適な暮らしのためには、気温・湿度・風・放射熱という4つの要素を上手にコントロールすることが大切なのです。

人が快適だと感じる気温は20~25℃、湿度は40~60%の間です。これに心地よい風、物が発する熱エネルギーである放射熱という要素が結びついた体感温度が快適さを決めるポイントとなってくるのです。

体感温度を快適に保つ方法はさまざまですが、例えば、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくすることができます。

絵の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密性や断熱性にこだわることで冬の暖かさを実現してくことができるのです。

断熱材の種類は多数ありますし、使用する断熱材に合った断熱工法を取り入れることが大事です。何が最も適しているかは施工業者と話し合いながら決めていきましょう。

そして、熱の出入り口で一番大きな窓の気密・断熱性というのも重要になってきます。

冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。

この数字を見ても窓の気密・断熱性が重要であることが一目瞭然です。

そこで遮熱高断熱Low-E複層ガラスのような気密・断熱性の高い窓にします。

省エネ性が期待できるので、夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

これらの点に配慮して「夏は涼しく、冬暖かい家」を目指しましょう。

低コストの住宅

火曜日, 2月 5th, 2013

  低コストで自分の満足のいく住宅を建てることが出来るなら素晴らしいことです。コストを低く抑えるために、住宅メーカーや施工業者は様々な努力をしているのだと思います。どのようにして低コストの住宅を実現するのでしょう?

 建築費を抑えるために行われるのがまず「住宅設備のランクダウン」だそうです。次に「圧縮」ということをするそうです。住宅の設備は便利であればそれだけコストもかかってきます。でもそれだけの価値はあるものです。よくこれほどの幅で作り分けたものだと驚くほど、ぴんきりですから。注文住宅の新築や改築だと自分の判断で設備を設置するので、わかっていてのランクダウンですが、建売住宅や分譲マンションなどは、購入者が知らないところでランクダウンされています。見学しただけではなんせ、設備自体は新しいものなので、その使用具合やどの程度のものなのかは判断することは難しくなりますね。住宅販売の広告などではよくオプションでという設備がありますが、そういうものは結構コストがかかりますが、使用するととても使い勝手が良いものが多いです。それをとことん省いて住むだけと割り切って購入することが出来る人が、低コスト住宅に合っている人だと思います。

 とりあえず、住むところを確保して、設備は後で余裕ができたら便利なものに交換しようと思って住むこともいいことだとは思いますが、結局交換費用は初期に投資するより高くかかってしまいます。古いものを取り外す費用がかかってしまいますから。

 どちらにするか?どうした方が得なのか?色々考え方はあると思いますが、人生の大きな買い物です。間違った判断だけはしないようにしたいものですね。

エアコンに頼らない家づくり

水曜日, 6月 22nd, 2011

年々猛暑が厳しくなってきている昨今。
もはやエアコンなしの生活など考えられないという人も多いのではないでしょうか。
東日本大震災の影響で節電が呼び掛けられていますが、夏場の光熱費を抑えるためにも、家電製品に頼らない涼しい家づくりが注目されています。
冷房を使わずに涼しくしようと思えば、まず室内の温度を上げる要因を取り除き、室内の熱くなってしまった空気を外に出すことです。
例えば夏の強い日ざしです。
採光の点から考えると日ざしが差し込む家というのは一見よさそうですが、直射日光を室内に入れないということが大切です。
これに関しては、家や窓の向きにもよりますが、カーテンやブラインドなどを効果的に使うことで日差しを遮ることができます。
また新築を建てる際に断熱効果の高いLow-Eガラス仕様のサッシを建材として選ぶこともおすすめします。
もちろんグリーンカーテンなども大変効果的ですし、見た目にも涼しげです。
大分県の中古マンションで暮らしている友人はグリーンカーテンにしたけれどなかなかできないといっていました。
また、庇の存在も馬鹿に出来ません。日ざしを遮るだけでなく、雨が直接建物に当たり劣化するのを防いでくれるのですから検討の余地は十分あります。
通風の点からは、開口部を効果的にとることが必要です。
窓の大きさだけでなく、風の抜ける対面に窓があるかも大切ですし、窓に高低差をつけることも空気の循環の点で大きな利点となります。
このような採光・通風のシミュレーションを行うハウスメーカーもでてきました。
住宅密集地域の埼玉で注文住宅を考えている方などは利用してみるのもよいと思います。
もちろん、建物自体の基本性能として、高気密・高断熱の家は室内の温度が一定に保たれやすいので、効率よく冷暖房をきかせることができ、結果的に節電につながります。
工務店も集客のために高気密・高断熱を謳っているところも多いです。

地鎮祭と上棟式

火曜日, 5月 24th, 2011

最近ではめっきりと少なくなった地鎮祭と上棟式ですが、この二つはどちらも、古くから行われてきた住宅を建てる際の重要な儀式でした。
地鎮祭とは住宅の建築だけでなく、土木工事の際も行われる儀式で、工事を始める前に土地の神を祭り、その工事の無事を祈念する儀式のことです。
地祭りや安全祈願祭ともいい、建て主やその親族、大工などが集まって神職に無事を祈ってもらいます。
また、上棟式とは通常棟上げ、建前などといい、住宅の骨組みができ、棟木をあげたときに行う儀式で、新築の家に災難がないように神に祈り、ここまで住宅を作り上げた大工を主客として祝うものです。
この上棟式では、地域によって様々な儀式や呼ばれ方をしています。
建物の上から餅や小銭などをまく儀式がよく行われ、この餅や小銭を拾うと縁起が良いとされています。
近隣の人が集まってきますので、当然、これから住む街の人々とのコミュニケーションをはかる一つのきっかけにもなります。
とはいえ、特に上棟式に関しては、あくまで「大工さんへのお礼のもてなし」という意味合いが強いので、
大工さんなどへのご祝儀や食べ物、飲み物、餅まき用の餅やお菓子、小銭その他にも神職を招いて正式に執り行う場合には、当然神職へのお礼もひつようとなってきます。
三重で注文住宅を建てた人に聞いてみると、その費用は少なく見積もっても10万円ほどにはなります。
ローコスト住宅の人気も高い昨今、執り行わない人が多くなっているのもうなずけます。
とはいえ、コミュニケーションや絆の大切さが叫ばれる時代の家づくりですから、こういった儀式にも価値を見出し、光が当てられるべきだろうと思います。

マイホーム購入!~その流れ

火曜日, 4月 12th, 2011

注文住宅でマイホームを建てる場合、建売や分譲住宅などと違い、完成時期を自分で決められるのが大きなメリットです。
時間をかけてじっくりとプランを練り納得の家づくりができる反面、
思っているよりも時間がかかり、気がつけば予定の完成時期をはるかに過ぎているなんてことも起こりがちです。
注文住宅で、マイホーム取得を決めてから完成までは、一般的にどれくらい時間がかかるものかというと、多くの場合、一年~1年半ほどかかっているようです。
まず、情報収集しマイホームをお願いする住宅メーカーを1社に決めるのにだいたい半年くらいかかります。
これは、インターネットや雑誌、本などを見たり、住宅展示場へ足を運んだりして、いくつものハウスメーカーや工務店などのモデルハウスを見に行ったり、営業マンに話を聞いたりするところから始まります。
友人も新地の家造りを考えた時にいくつもの埼玉の注文住宅メーカーのモデルハウスや住宅展示場に行き、複数の営業の方と話をした結果、半年以上の月日を使って依頼する住宅会社を決めたそうです。
そうして、提案されたプランを検討したり、出てきた見積もりを比べてみたりして、「これぞ!」という会社を決めるのです。
それから、この会社と間取りやデザインなどのプランを話し合い、プランの提示→話し合いにより修正→再び提示というのを繰り返し、納得のマイホームプランが出来上がったところで契約となります。
ここまでにやはり4か月~半年ほどかかります。工事期間は工法や建物のサイズなどによって変わりますが、だいたい4カ月~半年ほどです。
プレハブ工法などは工期が短く、2か月ほどで出来上がるメーカーもあるようです。
建物以外でも、たとえば土地の地盤が弱い場合はその補強をしておかなければなりませんので、半年以上かかる場合もあり得ます。
また、工期の間に、お盆や年末年始が含まれている場合は、もちろんその分工期が長くなりますし、
また、建物完成を3月や12月など、マイホームの完成が集中する時期に希望する場合は、やはりゆとりを持って早め早めに動いておく必要があります。

建築家と家を建てる

火曜日, 12月 14th, 2010

マイホームを建ててもらう先をどこにするかというのは、非常大きく重要な選択になります。
現在のところ、日本で一戸建ての注文住宅を購入しようと考えている人が選ぶのは、ハウスメーカーか工務店というのが二大巨頭となっていますが、それ以外にも、建築家に依頼して、世界にたった一つだけの家を建てようという人もいます。
建築家に家づくりをお願いする最大のメリットは、ともかくオリジナリティです。
家族の好みや希望・理想をつめこみつつ、専門家の立場からのアドバイスをもらい、じっくりと家づくりを進めることができます。
また、建築家は設計と工事の監理はしますが、施工は別のところにお願いしなければなりません。
建材の販売をしているネットショップなどで施主支給を考えてみるのもいいかもしれません。
このように、設計・監理と施工を別々のところがすることで、家づくりの現場で様々な工事過程がなあなあになることを防げます。
これにより、住宅に欠陥が発生しにくくなります。
それに、狭小住宅や特殊な環境など、個別に対応できますので家づくりの過程でどうしてもイレギュラーな要望が多くなってくる場合は、
建築家に依頼した方が納得のいく家が建てられることと思います。
とはいえ、一体どうやってお願いする建築家を選べばよいのでしょうか。
昔ながらの口コミ以外にも、最近では建築家がブログなどで自分の手掛けた住宅を公開している場合があります。
そういったものを見て自分たちの建てたい家と近いものを作っている建築家を探すという方法もあります。
また、建築家を紹介する企業もありますし、インターネット上でコンペを呼び掛けるといったサイトもあります。
一番大切なのは、コミュニケーションがとりやすい、話しやすくフィーリングのあう建築家を見付けることです。

Copyright © 2019 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes