Posts Tagged ‘断熱’

気密性と基礎断熱

金曜日, 8月 22nd, 2014

住まいを新築する時、断熱を考えますが、断熱する場所は、壁だけでなく、屋根か天井部分、床か基礎部分もします。一般的な床断熱は住まいの床部分に断熱材を敷き詰めますが、もう1つ、基礎断熱というのがあります。基礎断熱は、寒冷地で普及してきた断熱方法ですが、単に、外部環境と床下部分を完全に遮断するだけでなく、ベタ基礎コンクリート部分と床下空間の空気自体を畜熱体にして、省エネ住宅を実現していきます。

私の友人は住まいの断熱性を高めるために、色々考えました。断熱性を高めるということは、同時に住まいの気密性を高めていかなくてはいけません。床断熱を施すと、断熱材を隙間なく敷き詰めないといけませんが、配管部分や土間の立ち上がりなどがどうしても、施工不良になりやすく、気密性が損なわれてきます。気密性が損なわれると、どうしても、湿気が侵入し、外部と室内の温度差によって、結露が生じてしまいます。日本は、どうしても、夏に高温多湿ですから、周囲の空気はかなりの湿気を含みます。夏は基礎コンクリート部分が冷たいですので、ここが結露してしまいます。気密性が高められていれば、外部の湿度の高い空気は入らず、結露する可能性は少なくなります。結露を防ぐには、気密性を高めるか、あと1つ、基礎断熱した床下部分を、強制的に24時間換気システムを採用することです。

24時間換気システムというのは、どうしても、換気扇を使用しますから、ある程度のエネルギ―と費用を必要とします。それだけでなく、床下も含めて、住まいの空気が循環しますから、冷暖房する面積は増えてしまい、どうしても、光熱費が掛かってしまいます。本来、寒冷地で普及してきた断熱法です。メリットだけに注目せず、もう少し、慎重にデメリットも考えていけばよかったと思います。

Copyright © 2017 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes