Posts Tagged ‘土地’

土地選び

火曜日, 5月 1st, 2018

家造りを進めていくには家を建てる土地が必要です。しかし、なかなかいい土地が見つからず家造りが一向に前に進まないというと悩んでいる家庭も意外と多いのです。家造りにおいて重要な土地となるだけに自分達に合った土地を見つけ出し、最高の住まいを完成させたいものです。

まず、永住するための家を造るのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶも変わってきます。そこを整理しておくことと、土地に求める条件に優先順位をつけておきましょう。子育てや仕事、趣味など新しい家で暮らしの中心となるものは何かということが大きく関わってくるのです。そのため土地選びを行う際には、自分自身のライフプランや家族構成などをしっかり考えるいい機会とするのです。

これらのことをしっかりと整理することで土地に求める条件が自然とクローズアップされてきます。環境なのか、通勤や通学時間なのか、商業施設の充実なのか、駅近郊など交通の利便性なのか、やはり広さが第一なのかなど様々な条件の中で自分達が何を最優先させるかを明確にしておくことで土地が絞られ、土地選びが進めやすくなるのです。

このようにして探し、気に入った土地が見つかれば一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間を変えて下見をしたり、晴れている時だけでなく雨などの悪天候時にも下見を行いあらゆる角度から土地を見定めてみましょう。価格の安さだけで土地を購入するのだけは避けたいものです。その後の暮らしに大きく関わる土地選びは、慎重にかつ決断力を持って進めたいものです。

地鎮祭と上棟式

火曜日, 5月 24th, 2011

最近ではめっきりと少なくなった地鎮祭と上棟式ですが、この二つはどちらも、古くから行われてきた住宅を建てる際の重要な儀式でした。
地鎮祭とは住宅の建築だけでなく、土木工事の際も行われる儀式で、工事を始める前に土地の神を祭り、その工事の無事を祈念する儀式のことです。
地祭りや安全祈願祭ともいい、建て主やその親族、大工などが集まって神職に無事を祈ってもらいます。
また、上棟式とは通常棟上げ、建前などといい、住宅の骨組みができ、棟木をあげたときに行う儀式で、新築の家に災難がないように神に祈り、ここまで住宅を作り上げた大工を主客として祝うものです。
この上棟式では、地域によって様々な儀式や呼ばれ方をしています。
建物の上から餅や小銭などをまく儀式がよく行われ、この餅や小銭を拾うと縁起が良いとされています。
近隣の人が集まってきますので、当然、これから住む街の人々とのコミュニケーションをはかる一つのきっかけにもなります。
とはいえ、特に上棟式に関しては、あくまで「大工さんへのお礼のもてなし」という意味合いが強いので、
大工さんなどへのご祝儀や食べ物、飲み物、餅まき用の餅やお菓子、小銭その他にも神職を招いて正式に執り行う場合には、当然神職へのお礼もひつようとなってきます。
三重で注文住宅を建てた人に聞いてみると、その費用は少なく見積もっても10万円ほどにはなります。
ローコスト住宅の人気も高い昨今、執り行わない人が多くなっているのもうなずけます。
とはいえ、コミュニケーションや絆の大切さが叫ばれる時代の家づくりですから、こういった儀式にも価値を見出し、光が当てられるべきだろうと思います。

土地探し

火曜日, 1月 11th, 2011

建て替えや建売住宅や中古住宅を購入する場合を除いて、マイホームを手に入れようとすれば、当然土地が必要になってきます。
新たに土地を購入し、マイホームを建てる場合は、デザインや間取りを比較的自由に設計できるというメリットがありますが、資金面で割高になる傾向があるのと、土地購入から建物の完成、入居までにかかる時間が比較的長いといったデメリットもあります。
さて、土地探しですが、最近では、インターネットにも不動産売買の情報が溢れています。
例えば大分の不動産に関しても検索をかければ様々なものがヒットすることでしょう。
ワンクリックで土地を購入…というのはさすがに怖いものがありますね。
一般的には、土地探しのパートナーとしては不動産業者が選ばれていますが、中には工務店でも不動産鑑定士を活用しているところもあります。
そういったところにお願いすれば、土地探しと家づくりがスムーズに行えますので、検討してみる価値はあると思います。
実は地道な口コミ情報というのもばかにはできません。
土地を売りたがっている人の情報というのは、その地元のコミュニティーでは必ず口に上るものです。
もちろん、タイミングの問題がありますから、うまく情報をキャッチできることはまれでしょうが、
自分が住みたいと目星をつけた土地の近辺のコミュニティーとなんらかのつながりをもっておくことは、実際に住み始めた後でも役に立つものです。
そういった土地探しが面倒だ、時間がないという人には、建築条件付きの分譲地というものがあります。
これは、売主が指定した業者と建物を建てる契約をかわすことを条件に売られている住宅地です。
これなら、建物と土地といっぺんに手に入れることができますが、その代わり、建物の設計や間取りに対する自由度は下がってしまいます。
家を建てる土地や建物に対してことに関してこだわりたい方は不動産会社と連携の取れている、または自社内のに不動産課がある工務店や住宅会社と家づくりを考えてみることが重要でしょう。
私の友人も土地に対してこだわりたかったようなで、不動産課がある大分の工務店に相談したようです。

Copyright © 2018 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes