住宅を購入する際に、建売住宅にしようか注文住宅にしようか迷う家庭も多いと思います。今日は建売住宅について考えてみたいと思います。住宅を購入する際に一番気になるのが価格です。人生最大の買い物となる住宅だけに、予算をどうするかということをまず考えることでしょう。建売住宅の場合は、土地+建物で〇〇万円というような形で明確な価格が分かります。そのため予算化しやすいのです。

そして、家を建てる土地を探す手間が省けるというのも建売住宅の魅力の一つです。家を建てたいがなかなか気に入った土地が見つからず家造りが進められないという人も多いだけに、土地を探す手間のない建売住宅は楽に住まいを手に入れられるのです。場所によっては学校や病院、スーパーや銀行など生活するのに必要なものがしっかりと揃っている環境もあるだけに、このような建売住宅は人気も高いのです。

そして、実際の間取りがそのまま確認できるというのも暮らしをイメージしやすく、大きな魅力と言えます。間取りだけでなく、設備やデザイン、収納量も把握できます。日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるので大きな判断材料となるのではないでしょうか。また、入居するまでの期間が短いです。共働きでなかなか時間が取れない家庭や早く新居を購入したいという人にも嬉しいのではないでしょうか。

注文住宅の場合、土地が見つかり、建築会社を決め、間取りなど細やかな仕様を決めていきます。全体で半年ほどの工期が必要です。しかし、建売住宅であれば住宅はすでに建築済みですし、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので最短で1~2ヶ月ほどで入居できるのです。建売住宅と注文住宅としっかり比較して自分達に合った方を選択しましょう。