リビングがみんなが集まる場所だからこそ、物で溢れないようにスッキリと居心地のいい空間にしたいものです。リビングという過ごし慣れた場所に誰でも収納しやすいスペースを設けておきましょう。パパやママが片付ける姿を見ながら子ども達も成長します。子ども達も自分で自分の物をしっかりと管理できる習慣が自然と身に付けられると嬉しいものです。リビング収納を充実させることで家族みんなで物を共有しやすく、急な来客時でもサッと物を片付けられるのです。

そこで我が家はテレビの背面にウォークインタイプのリビング収納を設けました。壁には大きな棚を造り付け、床から天井まで余すとこなく収納スペースを確保できています。リビングから見えない収納スペースを設けたことで、目に触れると生活感を与えてしまう日用品もスッキリと収納することができています。また、大きさのある掃除機などの電化製品もここに収納しています。リビングに散らかりがちな絵本やおもちゃは自分で出し入れができる位置に収納しています。幼稚園カバンや帽子、ランドセルなどもロッカーのように整理しているため自分で自分の物をしっかり管理する習慣が身に付いてきています。

説明書や日用雑貨、パソコン関連用品などもここに収納しています。一部分には上下二段に分けてハンガーパイプを設けています。大人用の上着と子ども用の上着を一時置きできるコートクロークです。外出時は二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間なくサッと出かけられますし、リビングに上着が脱ぎっぱなしになることがなくなります。このようなリビング収納を設けて、リビングの快適性を保ちたいものです。