洗面室は滞在時間は短いのですが、家族みんながいろいろな用途で使用するため住宅の中でも重要な空間の一つです。洗面室は、手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧、入浴の前後や洗濯機を設置すれば洗濯を行う空間でもあります。色々な目的で一日何度も使用されるこの空間は広さに余裕を持たせ、利用しやすい空間にしたいものです。

洗面室の広さは1坪が一般的でした。しかし、最近では1坪以上の広々とした洗面室が設けられることが多いのです。それだけ洗面室を重視している人が増えているということなのです。広々とした洗面室であれば大きさのある洗面台を設けることができます。大きな鏡張りに加え、ダブルボウルの洗面台であれば家族が二人、三人並んで歯磨きをしたり、身支度を行うことができます。

身支度で追われる朝の時間帯ではこのような洗面室だとスムーズに身支度が行えて非常に便利です。いろいろな用途で使用される洗面室には物が集まってきやすい場所でもあるのです。壁一面を利用して収納スペースを充実させ、洗面室で必要な物をきちんとここに収納できるようにしておくといいのです。

床から天井まで利用し造り付けのクローゼットを設けておけば、タオル類をはじめ家族の下着やパジャマ、お化粧道具に、シャンプーなどのストック、洗濯洗剤など様々なものを収納しておくことができます。目に触れると生活感を感じるものだけに収納の前にはしっかりと扉を設けて隠す収納がいいでしょう。ここに下着やパジャマがあることで入浴の事前準備も楽になりママの仕事を軽減できます。家族みんなが使いやすく、家事をしやすい空間を目指しましょう。