玄関は住まいの顔とも言われる部分であるだけに、美しく、生活感を感じさせない空間を目指したいものです。我が家は住宅の中で特に玄関にこだわりました。家族が毎日行き来をするのはもちろん、家に来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所であるからです。

そこでまず玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用とその隣に収納力のあるシューズクロークを設けて、そこを家族用の玄関として利用しています。シューズクロークの収納力を高めることで、玄関部分に靴箱など余計なものを設置する必要がなくなりました。

そこでメインの玄関部分にはベンチを設けました。靴を脱ぎ履きする際にベンチがあると小さい子どもや高齢者は特に便利さを実感します。ブーツなど靴の脱ぎ履きがしずらい時でもベンチがあることで楽に行えるのです。ベンチの下は収納となっているためここに屋外用の子どものおもちゃや洗車用品などを収納しています。また、靴の脱ぎ履きの際に手すりとして利用できるカウンターを造り付けています。

玄関が殺風景にならないようにカウンターにはお気に入りの雑貨を並べています。このカウンターは、郵便受けとしても利用しています。郵便物を入れるとこのカウンターに郵便物が集まります。外に出らなくても郵便物をチェックすることができるので便利なのです。シューズクロークには靴や傘はもちろん、屋外で使用するものを整理しています。土間収納スペースもあるのでベビーカーや三輪車、ゴルフ用品や子どもの部活用品などもサッと片付けられます。

そして室内へ入るとコートクロークが設けられているので、外出先で着ていた上着を整理できるのです。玄関のものがきちんと整理できることでスッキリと、行き来のしやすさが高まり、ベンチやカウンターを設けることでより便利さを増し充実した空間となっているのです。