和室をどこに設けるかは家造りにおいて意外と頭を悩ませます。以前は独立した純和風の和室が設けられることが多かったですが、最近では洋風空間にいかに違和感なく調和するかという観点が重視され、独立型の和室よりも一体化したLDKに隣接した和室が設けられることが増えています。LDKに隣接した和室を設ける場合には特に、洋風空間との調和が重視されます。

普段は建具で区切らずオープンにしておくことで、よりリビングに広さを与えてくれますし、和室をより多目的に使用することができます。そこで我が家は、洋風のLDKと畳の和室が違和感なく調和するように和室に高さを設け小上がりにしたのです。これなら空間が繋がっていてもメリハリが生まれますし、違和感なく互いの空間が存在します。小上がりにしたことで魅力がたくさんあります。

畳の下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして利用できています。和室で使用するものはもちろん、リビングで使用するものまでも収納でき、出し入れもしやすいので便利な収納スペースとなっているのです。高さがあることで、小さい子どもがいる家庭や足腰の弱った高齢者のいる家庭では暮らしにくいのかと最初は不安に思っていたのですが、腰をかけるのに最適の和室となっているのです。

特に足腰の弱った高齢者は一度床に座り込んでしまうと、立ち上がる際に体に負担がかかってしまいます。小上がりの和室で腰を下ろして休憩したり、そのまま体を倒して横になっても、高さがあることで立ち上がりがスムーズとなり体に負担がかかりにくいのです。いざという時は建具で仕切って個室としても利用でき、和室の使用用途が広がっています。小上がりの和室は今の時代の和室としては最適だと思いませんか。