家造りを行う際に重視する空間はLDKです。ここが暮らしの中心であるからです。このLDKと同じくらい重要視されているのが、洗面室です。洗面室は、家族の使用頻度が非常に高いです。手洗いや歯磨き、朝の身支度や入浴の前後と一日何度も使用する空間であるたけに洗面室の快適性は求められるのです。またここには洗濯機を設置する家庭も多く、家事を行う上でも重要な場所となるのです。

洗面室の重要性が高まっているのを実感できるのが広さです。今までは洗面室の広さは1坪が一般的でした。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いのです。広さに余裕があることで、並んでゆったりと身支度ができる洗面台を設けることができます。3面鏡を2連づかいにした広い洗面台は、家族が同時に2人並んで歯磨きをすることができます。身支度で追われる朝の時間帯は大きさのある洗面台があることでバタバタするのを解消できるのです。鏡の扉を開くと家族それぞれに専用の棚があり、洗面周りの物がきちんと整理できるようにしておけば、生活感を感じさせず、必要なものがきちんと取り揃えられているので使い勝手もいいのです。

いろいろな用途で使用する洗面室は、収納スペースの充実も求められます。洗面室の壁一面に洗面クローゼットを設ける家庭が多いです。この収納スペースがあれば、タオル類はもちろん、家族の下着やパジャマ、洗濯関連用品、シャンプーなどの在庫などしっかりと管理できるのです。入浴の前後では服を脱いだり着たりと動作もするだけに広さに余裕があると動きやすさも高まります。洗面室をより充実させたいと考えるのも理解できるのではないでしょうか。家造りを成功させるには、洗面室が一つの鍵を握っていると言っても過言ではないのかもしれません。