住宅の間取りを考える際に、最近積極的に取り入れられているのが家事室です。ここでは洗濯物を洗う、干す、たたむ、そして広さに余裕があればここにファミリークローゼットを設けて洗濯物をしまうという作業まで一つの空間で行えるのです。家事を集中して行えることで家事効率は高まりますし、洗う、干す、たたむ、しまうという一連の作業を一か所で完了させることができるので家事の時短も夢ではないのです。主婦が憧れる空間として最近非常に注目を集めているのです。

この家事室を設ける位置は、家事の中心であるキッチンと、そのキッチンとよく行き来をする洗面室を繋ぐ形で設けられることが多いです。それぞれの空間との境には建具を設けておけば、来客時でも生活感のある部分をしっかりと隠すことができます。普段は建具を開け放てば行き来がスムーズにできるのです。

洗濯物を室内にきちんと干せるスペースは家造りでは欠かせない部分の一つでもあります。屋外に洗濯物が干せない日というのは意外と多いだけに室内干しは必須アイテムです。洗濯を終えた衣類をほとんど移動することなく干せる環境が整っていると家事への負担も軽減できます。ここに干した洗濯物をたためるようにカウンターを設けておきます。そうすればアイロンがけをする時も便利ですし、家計簿を付けたりデスクワークを行うカウンターとしても重宝します

広さに余裕があればここにファミリークローゼットを設けておきましょう。たたんだり、アイロンがけをした衣類をその場でしまうことができれば家事の効率はグンと高まるのです。家事を楽しく行えるようにするにはまずは環境をしっかりと整えておきましょう。