我が家の玄関はメインのお客様用玄関と家族用の玄関と動線を二つに分けました。動線を分けた理由は、メインのお客様用玄関を常に靴や物が散らからないスッキリとした玄関が広がり、急なお客様にもスムーズに対応できるのです。それだけでなく、家族用玄関にはシューズクロークを兼ねているため、靴や物をここにきちんとしまって、室内へ入ることができるので、靴や物を片付ける習慣が身に付きやすくなるのです。

玄関に靴が並べられている光景を良く見かけると思います。それは靴箱に入りきれないからです。収納力のない靴箱は、玄関の快適性を欠いてしまうのです。シューズクロークには家族の靴を大容量に収納できるようにしました。可動オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で分かります。そして靴の出し入れもしやすいのです。しかし靴箱と違って靴が目に入ることで、きちんと並べて収納することや、靴の臭い対策が必須となります。

そして玄関には外用の子どものおもちゃやスポーツ用品、ゴルフ用品や洗車用品などが置きっぱなしになりがちです。またベビーカーなど普段よく使用するものも、玄関やポーチ部分に置いたままになりがちですが、これらの物が玄関やポーチ部分にあることで、玄関の印象を台無しにしてしまいますし、圧迫感を与えてしまいます。外で使用する物を片づけられるように土間収納スペースを確保しておきましょう。

我が家は玄関スペースよりも、シューズクローク側の収納スペースの方を重視したほどです。アウトドア用品まで収納できるシューズクロークは重宝しています。玄関に物が散らからず常にきれいな空間を維持できるようになりました。シューズクロークから室内へスムーズに入れることで、より使いやすく、物の片付けのしやすさを増しているのです。