我が家にはキッズスペースを設けました。キッズスペースを設けた理由は、友人宅のキッズスペースを見ていいなと思ったからです。友人宅のキッズスペースは、LDKの一角に設けられていました。リビングとの境には程よい高さの壁で区切っています。そのためリビングからの視線を緩やかに遮ってくれます。リビングにおもちゃが散らかりにくくなるので、快適性の高いリビングにすることができますし、子ども達にとってもおもちゃを広げてのびのびと遊べる空間があるのは嬉しいものです。

キッチンからこのキッズスペースへはしっかり目が届くようになっていました。キッチンで家事をしながらもキッズスペースで遊ぶ子どもの様子をしっかり把握できることで、家事と育児を両立しやすいですし、子どもにとっても母親の顔を見れることで安心して遊ぶことができます。子どもが成長すればここをスタディコーナーとして利用できます。子どもの成長過程に合わせて空間を有効的に利用できるのでキッズスペースは重宝するのです。

我が家は階段を上がった二階ホールにキッズスペースを設けました。我が家のキッズスペースは吹き抜けに面して設けられているので、ここで子ども達が遊んでいても吹き抜けを通して子ども達の様子が伝わってきます。我が家の子ども達は4歳と2歳なので二人だけでこのキッズスペースで遊ぶことができ、ケンカをしていたり、仲良く遊んでいる状況がその場を見なくても伝わってくるので安心感も高いです。気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。

そしてここにはカウンターを設けました。夜は書斎スペースとして利用したり、将来的には子ども達のスタディコーナーとしても活用できます。キッズスペースを設けて良かったです。