我が家の新築住宅の子ども部屋は勾配天井にしました。子ども部屋は個室を必要としない間は広々ワンルームとして活用できるように、壁や扉で空間を間仕切ることをしませんでした。なので子ども達が自分達の部屋でのびのびと遊べるように、またお友達が来た時も走り回れるようにしました。

将来個室を必要とし始めたら、広々ワンルームを二つの部屋に区切ります。その時子ども部屋の一部屋は5畳ずつです。閉鎖的な印象を避けるために、子ども部屋は勾配天井にしました。天井が高いことで広さを感じられます。個室になった時も閉鎖的な印象や圧迫感を感じないと思います。

また子どもの成長と共に自然と物も増えていきます。増えた荷物がきちんと片づけられるように、この勾配天井を活かしてロフトを設けました。このロフトを収納スペースとして活用し、居住スペースに物が散らからないようにするのです。それぞれの部屋にクローゼットは設けたのですが、クローゼットに入りきれないものは意外と多いです。

きちんと物が片付く環境を整えておくことで、子ども部屋も適度な快適性が得られると思います。子ども部屋は快適性の高い空間にしておかない方がいいと言われています。居心地のいい子ども部屋にしてしまうと、子ども達は自分の部屋にばかりこもり、リビングには来なくなるからです。適度な快適性を保ち、勉強に集中でき、ゆっくりと休める空間を与えてあげたいものです。天井勾配を活かして設けたロフトが今から子どもの絶好の遊び場となりそうです。