Archive for 12月, 2015

夏は涼しく冬暖かい家

水曜日, 12月 23rd, 2015

我が家が家造りをする時に求めたことの一つが、夏は涼しく冬暖かい家であることです。我が家のように夏は涼しく冬暖かい家を理想とする家庭は多いです。冷暖房に頼らずエコな暮らしを送りたいものです。それを実現するには窓の断熱性が重要なことをご存知ですか。窓は熱の出入り口で一番大きいのです。

冬の暖房時の熱が開口部から流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓58%です。夏の冷房時に開口部から熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%なのです。この数字を見ても一目瞭然なのです。

そこで我が家は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスというのを取り入れました。二枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。このような窓にすることで、省エネ性が期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射し、冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の温かさを室外に逃しにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

また冬の窓ガラスに発生する結露。これは窓の断熱性が低いと発生します。結露対策としてもこの窓ガラスは有効です。結露を良く施うできることで、カビやダニの発生を抑えてくれ健康な住空間を造りだせるのです。しみやそばかす、カーテンや家具の色あせの原因の一つでもある紫外線を大幅にカットしてくれます。人の健康を守ってくれますし、カーテンや家具を守ることができるのです。夏は涼しく冬暖かい家を実現してくれるだけでなく、メリットがたくさんあるだけに窓に注目して家造りを進めるのもいいと思います。

Copyright © 2017 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes