Archive for 11月, 2015

和室の使い勝手を広げるには

水曜日, 11月 4th, 2015

和室は体をのびのびと伸ばせて心身共にリラックスできる空間です。日本人なら和室という空間を大切にしていきたいと感じます。しかし最近では洋風の住宅が数を増やし、その結果和室がないという家も少なくありません。和の空間をいつまでも大切にするには、和室をより使い勝手のいい空間にすることが一つのポイントだと思います。

そこで我が家が取り入れたのが、和室への動線のスムーズさです。最近ではリビングの一角やリビングの延長線上に和室を配する間取りが人気となっています。このようにすることでリビングの延長として和室を多目的に使用できるからです。また和室にまで視線が行き届くことで子ども達の遊ぶスペースとしても有効的です。我が家もリビングの延長に和室を配置しました。キッチンから和室にまで視線が届くことで、子ども達だけで遊ばせていてもきちんと目が行き届くので安心して遊ばせられるのです。

またリビングの延長ということで、リビングに広さをプラスしてくれます。洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事をする場所としても最適ですし、親子で昼寝をする場所としても最適です。普段使いできる和室というのは非常に便利です。

しかし時には、リビングを見られたくないお客様をお通ししなければいけない時もあります。このような時は客間としての和室が求められます。そこで我が家は、玄関から直接和室へ行けるように動線を確保したのです。リビングとの境は建具で仕切れば、家族団らんの場のリビングは見られることなく、お客様をお通しでき客間として和室を活用できるのです。和室の2方向にドアを設け、スムーズな動線を確保しましょう。

Copyright © 2017 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes