Archive for the ‘床下’ Category

気密性と基礎断熱

金曜日, 8月 22nd, 2014

住まいを新築する時、断熱を考えますが、断熱する場所は、壁だけでなく、屋根か天井部分、床か基礎部分もします。一般的な床断熱は住まいの床部分に断熱材を敷き詰めますが、もう1つ、基礎断熱というのがあります。基礎断熱は、寒冷地で普及してきた断熱方法ですが、単に、外部環境と床下部分を完全に遮断するだけでなく、ベタ基礎コンクリート部分と床下空間の空気自体を畜熱体にして、省エネ住宅を実現していきます。

私の友人は住まいの断熱性を高めるために、色々考えました。断熱性を高めるということは、同時に住まいの気密性を高めていかなくてはいけません。床断熱を施すと、断熱材を隙間なく敷き詰めないといけませんが、配管部分や土間の立ち上がりなどがどうしても、施工不良になりやすく、気密性が損なわれてきます。気密性が損なわれると、どうしても、湿気が侵入し、外部と室内の温度差によって、結露が生じてしまいます。日本は、どうしても、夏に高温多湿ですから、周囲の空気はかなりの湿気を含みます。夏は基礎コンクリート部分が冷たいですので、ここが結露してしまいます。気密性が高められていれば、外部の湿度の高い空気は入らず、結露する可能性は少なくなります。結露を防ぐには、気密性を高めるか、あと1つ、基礎断熱した床下部分を、強制的に24時間換気システムを採用することです。

24時間換気システムというのは、どうしても、換気扇を使用しますから、ある程度のエネルギ―と費用を必要とします。それだけでなく、床下も含めて、住まいの空気が循環しますから、冷暖房する面積は増えてしまい、どうしても、光熱費が掛かってしまいます。本来、寒冷地で普及してきた断熱法です。メリットだけに注目せず、もう少し、慎重にデメリットも考えていけばよかったと思います。

床下の換気

木曜日, 7月 24th, 2014

住まいを新築する時、天気に注意しなければならない工事があります。例えば、基礎を施工してから構造が出来上がるまでの間に雨が降ると、困ります。そんなにひどい雨ではなかったら、1、2日で、乾燥しますが、かなりの降水量だったら、そんなに簡単に乾燥しません。そのまま施工していくと、地盤面に含まれた水分が水蒸気となって出て、床下に水蒸気が滞留し、結露が発生することがあります。住まいを建てるというと、構造躯体や内装など、目に見える場所に関心がいきがちですが、実際は、見ない所が大切です。特に床下の湿気対策は、住まいの耐久性に大きく関わってきます

私の友人は、例年、梅雨開け宣言をする時期に、水はけの悪い土壌の入れ替えや整地を行いました。それで基礎を施工しましたが、その時に、台風がきました。かなり降水量で、基礎部分にもかなりの水が溜まりました。それから数日して、工事が次へ進む予定でしたが、手違いで、建材の搬入が遅れることになりました。お陰で、夏の日差しで、基礎部分や土壌部分に含まれた水分が蒸発しました。
予定よりも、少し工期が長くなりましたが、夏の日差しのお陰で、乾燥することができました。土壌部分に防湿シートを敷いて、その上に防湿土間コンクリートを施工しました。

コンクリートは、その性質上、施工後1年ぐらいは、水分が出ます。それをそのままにしておくと、構造に悪影響が出ます。床下に機械式強制排気設備を設置して、床下の換気をしますが、住まいの中の気密性を上げた上で、部屋の空気を床下経由して排気していくことにしました。そうすることで、強制的に床下の換気もできます。普段の生活では、床下の換気については、あまり気になりませんが、本当に大切なことです。実際に、簡単に見ることのできない場所だからこそ、きちんと換気できるようにして良かったと思いました。

Copyright © 2017 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes