夏は涼しく、冬暖かい家

「夏は涼しく、冬暖かい家」ということは、家造りを行う上で誰もが実現したい基本事項ではないでしょうか。

快適な暮らしのためには、気温・湿度・風・放射熱という4つの要素を上手にコントロールすることが大切なのです。

人が快適だと感じる気温は20~25℃、湿度は40~60%の間です。これに心地よい風、物が発する熱エネルギーである放射熱という要素が結びついた体感温度が快適さを決めるポイントとなってくるのです。

体感温度を快適に保つ方法はさまざまですが、例えば、風の通り抜けやすい間取りにすることで夏を涼しくすることができます。

絵の中に寒さを入れず熱を逃さないための技術である気密性や断熱性にこだわることで冬の暖かさを実現してくことができるのです。

断熱材の種類は多数ありますし、使用する断熱材に合った断熱工法を取り入れることが大事です。何が最も適しているかは施工業者と話し合いながら決めていきましょう。

そして、熱の出入り口で一番大きな窓の気密・断熱性というのも重要になってきます。

冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。

この数字を見ても窓の気密・断熱性が重要であることが一目瞭然です。

そこで遮熱高断熱Low-E複層ガラスのような気密・断熱性の高い窓にします。

省エネ性が期待できるので、夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

これらの点に配慮して「夏は涼しく、冬暖かい家」を目指しましょう。

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり使用することによって、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としたものです。

認定を受ける住宅に関する税金の優遇措置が取られます。家造りを財政面でもバックアップしてくれます。最大500万円の住宅ローン控除が受けられますし、固定資産税減税が通常3年間ですが5年間続きます。他にも税金の優遇措置がとられるため、高品質で高性能な住まいを長く、大切に使い、ライフスタイルは税制面からもバックアップされる家造りを進めるのもいいと思います。

この長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準を満たさなければなりません。まず劣化対策です。世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能が求められます。2つ目、住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有していなければなりません。三つ目は、維持管理・更新の容易性です。メンテナンスやリフォームのしやすい家にします。四つ目は、居住環境です。地域における居住環境の維持及び向上に配慮しなければなりません。五つ目は、省エネ性です。断熱性能など、一定の省エネルギー性が確保されている必要があります。六つ目は、耐震性です。大規模な地震に対して倒壊しにくい、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。最後に維持保全計画です。

これら7つの基準を満たして長期優良住宅の住まいを手に入れてみてはいかがでしょうか。

郵便ポストの設置場所

家造りで一番最後に行われる外構工事。中でも郵便ポストをどこに設けるかということで外構の印象も利用のしやすさも変わってくることを頭に入れておきましょう。郵便ポストを道路近くに設ける家庭も多いです。道路近くに設けるメリットは、配達の人や知らない人が家の敷地内に入ってこないことです。敷地内に知らない人が入ってくることに抵抗を感じるという人も多いだけに、これを魅力に感じる人も多いのです。

デメリットは、郵便ポストが道路側にあると、郵便物を取るのに道路の方まで行かなくてはいけないことです。雨が降っている日や寒い日にはつい郵便物を取りに行くのが面倒と感じてしまうのです。女性はメイクをしていなかったり、パジャマだとここにポストを設けておくと不便さを感じることも多いでしょう。

郵便ポストを玄関の近くに設ける家庭もあります。このメリットは、家から郵便物を取りやすいことです。玄関を出てすぐに郵便物が取れることで郵便物のチェックも行いやすいのです。玄関の庇の下にポストを設置しておけば、雨に濡れることなく郵便物を取ることができ便利さも増します。玄関側にポストがあると、車を駐車する時に邪魔になりづらく車を停めやすいというメリットもあります。

デメリットは、玄関の側にポストがあることで敷地内に配達員の人や見知らぬ人が入ってきますし、玄関の傍まで来ることになります。ここにストレスを感じる人も多いのです。我が家はまさにこのスタイルで、敷地内に配達員の人がバイクで入ってくることに非常にストレスを感じています。ポストをどこに設けるかで外構の印象や郵便物のチャックのしやすさが大きく変わってきます。しっかりと計画して適所に設けておきましょう。

土地選び

家造りを進めていくには家を建てる土地が必要です。しかし、なかなかいい土地が見つからず家造りが一向に前に進まないというと悩んでいる家庭も意外と多いのです。家造りにおいて重要な土地となるだけに自分達に合った土地を見つけ出し、最高の住まいを完成させたいものです。

まず、永住するための家を造るのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶも変わってきます。そこを整理しておくことと、土地に求める条件に優先順位をつけておきましょう。子育てや仕事、趣味など新しい家で暮らしの中心となるものは何かということが大きく関わってくるのです。そのため土地選びを行う際には、自分自身のライフプランや家族構成などをしっかり考えるいい機会とするのです。

これらのことをしっかりと整理することで土地に求める条件が自然とクローズアップされてきます。環境なのか、通勤や通学時間なのか、商業施設の充実なのか、駅近郊など交通の利便性なのか、やはり広さが第一なのかなど様々な条件の中で自分達が何を最優先させるかを明確にしておくことで土地が絞られ、土地選びが進めやすくなるのです。

このようにして探し、気に入った土地が見つかれば一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間を変えて下見をしたり、晴れている時だけでなく雨などの悪天候時にも下見を行いあらゆる角度から土地を見定めてみましょう。価格の安さだけで土地を購入するのだけは避けたいものです。その後の暮らしに大きく関わる土地選びは、慎重にかつ決断力を持って進めたいものです。

建売住宅

住宅を購入する際に、建売住宅にしようか注文住宅にしようか迷う家庭も多いと思います。今日は建売住宅について考えてみたいと思います。住宅を購入する際に一番気になるのが価格です。人生最大の買い物となる住宅だけに、予算をどうするかということをまず考えることでしょう。建売住宅の場合は、土地+建物で〇〇万円というような形で明確な価格が分かります。そのため予算化しやすいのです。

そして、家を建てる土地を探す手間が省けるというのも建売住宅の魅力の一つです。家を建てたいがなかなか気に入った土地が見つからず家造りが進められないという人も多いだけに、土地を探す手間のない建売住宅は楽に住まいを手に入れられるのです。場所によっては学校や病院、スーパーや銀行など生活するのに必要なものがしっかりと揃っている環境もあるだけに、このような建売住宅は人気も高いのです。

そして、実際の間取りがそのまま確認できるというのも暮らしをイメージしやすく、大きな魅力と言えます。間取りだけでなく、設備やデザイン、収納量も把握できます。日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるので大きな判断材料となるのではないでしょうか。また、入居するまでの期間が短いです。共働きでなかなか時間が取れない家庭や早く新居を購入したいという人にも嬉しいのではないでしょうか。

注文住宅の場合、土地が見つかり、建築会社を決め、間取りなど細やかな仕様を決めていきます。全体で半年ほどの工期が必要です。しかし、建売住宅であれば住宅はすでに建築済みですし、建築確認申請など時間がかかる手続きも簡略化できるので最短で1~2ヶ月ほどで入居できるのです。建売住宅と注文住宅としっかり比較して自分達に合った方を選択しましょう。

住宅への不満

住宅の不満の声でよく聞かれるのがコンセントの位置や数についてです。後からここにもコンセントが欲しいと思っても簡単に設けることができるものではないだけに、しっかりと計画して設けておきましょう。家造りの後半でプランニングする配線計画はつい軽視してしまいがちですが、生活に与える影響が大きいだけにしっかりと暮らしをイメージして設けておく必要があるのです。

我が家の新居も生活し始めて1年が経過しました。コンセントへの不満が出てきました。それはキッチンの作業スペースの高い位置にコンセントがないことです。キッチンのコンセントはコンロの足元部分に設けています。ミキサーやフードプロセッサーなどのキッチン家電を使用する際、この足元部分のコンセントではコードが届きにくく利用しにくいのです。作業スペースの高い位置に設けておけばこれらのキッチン家電が利用しやすく、調理のしやすさも高まったのにと後悔しています。

逆に設けて良かったと思うコンセントもあります。LDKの中央部分には4つ口のコンセントを設けています。真ん中部分に設けているため掃除機をかける際に挿し口を変えずに掃除をすることができますし、空気清浄機や扇風機など部屋の中央部分で使用する電化製品は多いだけに4つ口にして良かったのです。

あとは、掃除機を収納する収納庫内に設けたコンセントです。最近、充電式の掃除機を購入しました。収納庫内にコンセントがあることでこの掃除機を収納している状態で充電も行えるのです。これは業者さんからのアドバイスで設けていたのですが、大正解でした。コンセントの不便さは暮らしにくさにも繋がるだけにしっかりと設けておきましょう。

水廻り

家造りを行う大部分の人が暮らしの中心となるLDKを重視します。もちろん長時間過ごすLDKは大事なのですが、水廻りもとても大事であることを忘れてはいけません。ついLDKに比べ後回しになりがちですが、家族みんなの使用頻度が高いだけに毎日の快適さを大きく左右するのです。水廻りの広さや収納にもしっかり目を向け家造りを行うようにしましょう。

まずは動線です。子どもが外で遊んで汚れて帰宅することも多いです。そのまま家に入ってくると家まで汚れてママの仕事が増えてしまいます。そこで玄関から家に上がらず、土間を通って直接洗面室へ行けるような間取りにすることで、子どもが外で遊んで汚れて帰宅しても、また雨や雪などで濡れて帰宅してもそのまま洗面室へ行き、汚れを落とすことができるので室内を汚しません。また、手洗いの習慣も自然と身に付けられます。

洗面室を広々と確保することで、タオル類だけでなく家族のパジャマや下着などまで収納できるスペースを設けることができます。下着やパジャマがここに整理されていることで入浴の事前準備が楽に行えますし。帰宅して部屋着に着替えることもあるだけに部屋着まで整理しておけば着替えもスムーズに行えます。

また、洗濯機を設置する空間でもあるため、広さがあることで、ここを室内物干しとしても利用することができます。洗った洗濯物を抱える手間がないので体に負担がかかりませんし、洗った洗濯物をスムーズに干すことができるため家事の効率が高まります。夜の洗濯や悪天候時にはこの室内物干しが活躍してくれます。水廻りスペースにもしっかりと目を向け、家族みんなが利用しやすい空間にしたいものです。

リビング収納

リビングがみんなが集まる場所だからこそ、物で溢れないようにスッキリと居心地のいい空間にしたいものです。リビングという過ごし慣れた場所に誰でも収納しやすいスペースを設けておきましょう。パパやママが片付ける姿を見ながら子ども達も成長します。子ども達も自分で自分の物をしっかりと管理できる習慣が自然と身に付けられると嬉しいものです。リビング収納を充実させることで家族みんなで物を共有しやすく、急な来客時でもサッと物を片付けられるのです。

そこで我が家はテレビの背面にウォークインタイプのリビング収納を設けました。壁には大きな棚を造り付け、床から天井まで余すとこなく収納スペースを確保できています。リビングから見えない収納スペースを設けたことで、目に触れると生活感を与えてしまう日用品もスッキリと収納することができています。また、大きさのある掃除機などの電化製品もここに収納しています。リビングに散らかりがちな絵本やおもちゃは自分で出し入れができる位置に収納しています。幼稚園カバンや帽子、ランドセルなどもロッカーのように整理しているため自分で自分の物をしっかり管理する習慣が身に付いてきています。

説明書や日用雑貨、パソコン関連用品などもここに収納しています。一部分には上下二段に分けてハンガーパイプを設けています。大人用の上着と子ども用の上着を一時置きできるコートクロークです。外出時は二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間なくサッと出かけられますし、リビングに上着が脱ぎっぱなしになることがなくなります。このようなリビング収納を設けて、リビングの快適性を保ちたいものです。

広々洗面室

洗面室は滞在時間は短いのですが、家族みんながいろいろな用途で使用するため住宅の中でも重要な空間の一つです。洗面室は、手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧、入浴の前後や洗濯機を設置すれば洗濯を行う空間でもあります。色々な目的で一日何度も使用されるこの空間は広さに余裕を持たせ、利用しやすい空間にしたいものです。

洗面室の広さは1坪が一般的でした。しかし、最近では1坪以上の広々とした洗面室が設けられることが多いのです。それだけ洗面室を重視している人が増えているということなのです。広々とした洗面室であれば大きさのある洗面台を設けることができます。大きな鏡張りに加え、ダブルボウルの洗面台であれば家族が二人、三人並んで歯磨きをしたり、身支度を行うことができます。

身支度で追われる朝の時間帯ではこのような洗面室だとスムーズに身支度が行えて非常に便利です。いろいろな用途で使用される洗面室には物が集まってきやすい場所でもあるのです。壁一面を利用して収納スペースを充実させ、洗面室で必要な物をきちんとここに収納できるようにしておくといいのです。

床から天井まで利用し造り付けのクローゼットを設けておけば、タオル類をはじめ家族の下着やパジャマ、お化粧道具に、シャンプーなどのストック、洗濯洗剤など様々なものを収納しておくことができます。目に触れると生活感を感じるものだけに収納の前にはしっかりと扉を設けて隠す収納がいいでしょう。ここに下着やパジャマがあることで入浴の事前準備も楽になりママの仕事を軽減できます。家族みんなが使いやすく、家事をしやすい空間を目指しましょう。

充実した玄関を目指して

玄関は住まいの顔とも言われる部分であるだけに、美しく、生活感を感じさせない空間を目指したいものです。我が家は住宅の中で特に玄関にこだわりました。家族が毎日行き来をするのはもちろん、家に来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所であるからです。

そこでまず玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用とその隣に収納力のあるシューズクロークを設けて、そこを家族用の玄関として利用しています。シューズクロークの収納力を高めることで、玄関部分に靴箱など余計なものを設置する必要がなくなりました。

そこでメインの玄関部分にはベンチを設けました。靴を脱ぎ履きする際にベンチがあると小さい子どもや高齢者は特に便利さを実感します。ブーツなど靴の脱ぎ履きがしずらい時でもベンチがあることで楽に行えるのです。ベンチの下は収納となっているためここに屋外用の子どものおもちゃや洗車用品などを収納しています。また、靴の脱ぎ履きの際に手すりとして利用できるカウンターを造り付けています。

玄関が殺風景にならないようにカウンターにはお気に入りの雑貨を並べています。このカウンターは、郵便受けとしても利用しています。郵便物を入れるとこのカウンターに郵便物が集まります。外に出らなくても郵便物をチェックすることができるので便利なのです。シューズクロークには靴や傘はもちろん、屋外で使用するものを整理しています。土間収納スペースもあるのでベビーカーや三輪車、ゴルフ用品や子どもの部活用品などもサッと片付けられます。

そして室内へ入るとコートクロークが設けられているので、外出先で着ていた上着を整理できるのです。玄関のものがきちんと整理できることでスッキリと、行き来のしやすさが高まり、ベンチやカウンターを設けることでより便利さを増し充実した空間となっているのです。

Copyright © 2019 住宅を建てる いろは. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes